いいねのたね
ばっちゃ
  • ブンブンラボこんにちは。
    リアルライフでマンションを購入してしまったブンブンです。
    SLの世界では、手からビームをビビビっとやってなんかイチャイチャ(違)してれば家が出来てしまうのです。(ほんとか?)
    なので「SLならなぁ」という思いを馳せながら、住宅ローン表を眺めるのでした。


    さて、んなこたぁ聞いてねェということで早速先日の目次の確認


    終1.自己紹介
     2.セカンドライフとは(SLってなによ?)
     3.セカンドライフの始め方(まずは作ろう!アカウント)
     4.セカンドライフ用語集(SIMってオイシイデスカ?)
     5.セカンドライフ世界ツアー(お勧めスポット探訪〜渡辺篤風)
     6.アバターのデザイン変更方法(個性を出す着こなし)


    今日は2番のセカンドライフ(以下 SL)ってなんなの?という内容っす。
    では早速いってみましょう。



  • セカンドライフとは(Wikipediaより)
    Second Life(セカンドライフ)は、アメリカサンフランシスコに本社を置く、Linden Labが運営するバーチャル世界のこと。Linux、Macintosh、Windowsに対応している。利用者は300万人以上いる。
    オンラインゲームと呼称されることが多いが、Linden LabはWorldと呼称している。また、World内に存在するコンテンツのほとんどはユーザの手によって作り上げられており、ゲームというよりもシミュレータと呼ぶべきであるとの声もある。

    つまり、
    ・クリアとか達成といった概念がない。
    ・オンラインで世界中の人と交流ができる。
    といった特徴がある。
    Nintendoの「どうぶつのもり」に近いイメージですかね。


    ここまでなら、「なんだ」という感じかも知れませんが、多くの企業が注目している点が以下の点です。

    (以下Wikipediaより)
    Second Life内では、専用の通貨 Linden Dollar(リンデン ドル・L$)が発行されており、現実通貨のUS$と換金が可能。時価によって多少上下するが、平均1US$=300L$程度。Second Life公式サイトや、各種マーケットサイト等から換金できる。

    つまり、
    ・SL内にお金という概念があり、実世界のお金と換金できる。
    ・SL内で稼ぐと、実世界のお金として使える
    ということです。つまりビジネスチャンスになるということです。
    現在、大企業からベンチャーまであらゆる企業が
    SLビジネスに乗り出しています。


    ま、この話はまた別の機会にするとして、
    もうちょっと概念てきなことを話しませう。


    SLは基本は無料です。
    以下がその「基本」です。
    ・アカウントを作ってSL内を徘徊する。(まずログインDANE!)
    ・服や姿をカスタマイズして練り歩く。(裸であるくとだめっぽい)
    ・SL内の人に話し掛け、チャットやIMで会話する。(海外の人ともお友達に!)
    ・アイテムや建物など、簡単に作れる(僕のアフロは作ってもらいました)
    ・空が飛べ、テレポートできます。(エスパー真美仕様だがコンパクトは不要)


    有料アカウントになると、土地が買えて住めるらしいです。
    もっといろいろやれるようになりますが、今は秘密です(知ったかBR)


    では、次回。
    アカウント作成方法をおしえちゃう。



ドミノ作りとブーブークッション Cocololo アイランド リゾート 訪問レポート どこで降りるのかね この人のいちらん