いいねのなえいいねのなえいいねのなえいいねのなえいいねのたね
ばっちゃ
  • 彼は真っ白なスコマンチを溺愛していた。
    どこに行くにもその猫と一緒だった。
    その理由は彼も猫もまた病弱で
    いつ死んでもおかしくない身だったからだ。
    「ずっと一緒だよ」
    それが彼の口癖だった・・・。
初かきこ さァ存分にウサを晴らすがよい セカンドライフでアイススケート この人のいちらん