いいねのなえいいねのたねいいねのたねいいねのたねいいねのたねいいねのたねいいねのたねいいねのたねいいねのたね
ばっちゃ
  • ある日少年の夢の中に神様が現れた。
    本当に神様かはわからないがそうとしか言えない存在だった。
    猫を抱きしめながら少年は裁決の言葉を待った。
    神様はしばらくの沈黙のあと、こう言った。
    「きみに決めた。」
さァ存分にウサを晴らすがよい ネットの画像で遊んでみる30過ぎの大人Part1 アバター(ネタばれ):紙芝居屋五郎の六本木ヒルズ移住計画(第2回) この人のいちらん