ばっちゃ
  • No.096


    にほんじんだもの Fujiyama Kazan

     お知らせします。naniSL SHOP 本店(Ikebukuro/70/238/24)では、買った箱詰め商品を、一時的に地面に出せるようになりました。


    地面に出せる

    ※ この記事は 下手こきゃ更地の続きです。






  •  「土地情報」ウインドウの「オプション」タブにて、「オブジェクトの作成」と「オブジェクト・エントリ」の設定を確認してみました。


    土地情報-オプション

     まずは2つのチェックボックスをオフって実験です。


    • オブジェクトの作成-すべての住人のチェックをオフ
    • オブジェクト・エントリ-すべての住人のチェックをオフ

     設定された土地の中でオブジェクトを作成しようとしても建造ボタン建造ボタンがグレーアウトしているので出来ません。また、持ち物からRez(ドラッグ&ドロップ)を試すと・・・

    You cannot create objects here. The owner of this land does not allow it.

    これもダメ。ココまでが「オブジェクトの作成」による設定みたいです。


     では、外で「My Object」という名前の土地を作成し、設定した土地へずらしこんでみましょう。

    My Object

     上の画像の状態から、赤い矢印をつまんで左に移動するとするとこんなメッセージが表示されて、失敗に終わります。


    エラーメッセージ
    Can't move object '[オブジェクト名]' to [場所] in redion [SIM名] because the parcel does not allow objects to enter.

     「オブジェクト・エントリー」が許可されてない為でしょう。


     と言うことで、両方のチェックを外せば、誰かが勝手にオブジェクトを置いてくことは防げます。


     ・・・が、このままだと一つ不都合なことが・・・


     例えば、お店を経営していて箱売りの商品を販売している場合。せっかく買った商品の箱が地面に置けない!


     と言う訳で、とりあえず、先ほどのチェックボックスは両方ともONにして、次の設定。


     「土地情報」-「オブジェクト」の「他の住人のオブジェクトの自動返却」


    「土地情報」-「オブジェクト」

     ここに数字を入れると・・・例えば「1」を入れれば、一時的にオブジェクトが置けるものの1分後に自動返却されます。


     ちなみにリターンされたオブジェクトはLost And Foundフォルダに戻ります。


    リターン後


    上の画像をちと補足

     naniSL SHOP の商品は Copy可で売っています。なので、ObjectsフォルダにあるのはRez前のコピー元。リターンされたものがLost And Foundフォルダに戻っています。もし、Copy不可で売る場合は、もともとのフォルダから消えてしまったようにも見えますのでお客さんが驚いちゃうかも・・・その辺、ご注意。






     年末の大掃除でキレイにしたばかりの土地でしたら、この機会に設定を見直ししてみては如何でしょうか?



    ... see you !




下手こきゃ更地 2ヶ月遅れの新商品の諸事情は・・・>gimp編 画像のURLを この人のいちらん