いいねのたねいいねのたねいいねのたねいいねのたね
ばっちゃ
  • senkageバナー

    ※この情報は2008年01月04日時点のものです。あらかじめご了承ください。

    「諸事情」第3弾 Wings3D編の続きです。
    いよいよ作り方の説明に入りますよー。準備はいいですかー?
    準備がまだの方は、その1をご確認ください。



  • 作り方

    1、元となる固まりを用意する
    最初の画面は、まっさらな何もない画面です。そこに元となるオブジェクトを出現させます。

    ここで重要なのはメッシュ数です。今回は扱いやすいと思われる球体オブジェクトを16X15で始めます。(※より細かい造形を作りたい場合は32X31がオススメ)

    画面内で右クリックして
    スフィアの横の■をクリック

    sphere

    16、15と入力
    16x15


    他にも、別のメッシュ数を選べますが、詳しくはslwikiのプラグインの説明を見てください。
    >Wings 3D Exporter > Initial templates
    (http://wiki.secondlife.com/wiki/Wings_3D_Exporter#Initial_templates)

    画面に球体がひとつ出来ました。
    これを粘土をこねるように理想の形を作っていきます。

    2、こねる

    こね方も至ってシンプルです。
    頂点を引っ張る
    辺を引っ張る
    面を引っ張る

    どのやり方を選ぶかは、アイコンから選んでください
    select

    左から、頂点選択、辺選択、面選択、全選択、となっています。

    いずれかの方法で選択をして、右クリックをして
    .move
    という項目を選んでください。(※アドバンストメニューをあらかじめ有効にしておいてください。)
    move

    今度はひっぱる方向です。
    感覚的に引っ張るならfree、正確さを求めるならベクトル方向に対して引っ張るXYZでしょう。
    選んで、マウスを左右に動かすと赤く反転した選択部分が動きます。
    vector
    move_z

    ちなみに選択は複数一度にも選べますし、スペースを押すことで選択の一括解除も出来ます。

    これだけ、そう「これだけ」覚えれば、後は根気とセンスですw
    センスはその人自身とまわり次第なのでどうしょうもないですが、根気をサポートするテクニックはありますので、それを次回いくつか御紹介致します。

    では、その3にてお会いいたしましょうw



続新商品紹介:諸事情のわけは・・・>Wings3D編 その1 続新商品紹介:諸事情のわけは・・・>Wings3D編 その3 とりあえず この人のいちらん